お知らせ

ペット仏具のお話 ペット骨壷 骨壷サイズ 選び方について - 手元供養・ペット供養のディアレスト青山

ペットちゃんの骨壷のサイズについて、
前回も少しお話をさせていただきました。

今回は、うちの子には何寸を用意したらいいの?
という疑問にお答えしたいと思います。

多くの場合、これから火葬をされる方がご用意なさると思うのですが、
まず、あわてて骨壷を購入される前に、
ご火葬されるご予定の施設に問い合わせてみてください。

特に民間の火葬業者(ペット霊園、お寺、移動火葬車など)は、
骨壷の用意がある場合がほとんどです。
逆に公営の場合には、ご自身で用意してくださいね、
といわれることが多いようです。
(別途販売しているところもあれば、
まったく用意がないなど、まちまちです)

また、お伝えするのも少し心苦しいのですが、
荼毘に付すまで(火葬するまで)、正確な大きさはわかりません。
火葬炉の状態や温度などの環境、
ペットちゃんの状態などによっても変わってきますし、
見た目に大きな子でも、骨格は細かった、なんてこともあります。
私たちも「ディアペット」としてご火葬を行っておりますが、
やはり、実際のご遺骨をみて判断しなければ難しいです。

とはいえ、事前に準備をしなければならない場合には、
これからのお話を参考に、骨壷のサイズを選んでみてください。

2~2.5寸 インコ、ハムスターなど
3寸 うさぎ、子猫、超小型犬(チワワなど)
4寸 小型犬
5寸 中型犬
6寸 大型犬

というのがおおまかな区分になります。
ちなみに人の場合は7寸ですので、
人と同じくらいの体重や体長のわんちゃん(セントバーナードなど)は
7寸になることが多いかと思います。

また、ひとくちに「小型犬」「中型犬」などといっても、
いろいろな子がいらっしゃいますね。
ちなみに「超小型犬」に分類されるチワワも、
我が家の大きなチワワ(4キロ以上あります)は、
小型犬の分類になるかもしれません。
歴代のヨーキーたちも、3寸の子もいれば、4寸の子もいました。

ここでポイントになるのが、一番大きなご遺骨になるであろう「頭蓋骨」の大きさです。
頭の大きさが収まれば、おおむねすべてのご遺骨が収まります。
たとえば頭の大きさ(毛は無いものおして)が10センチくらいでしたら、
3寸(直径約9センチ)ではなく4寸(直径約12センチ)が安心です。

とはいえ、何度もお伝えしている通り、
もしかしたらお骨が崩れてしまって3寸で収まるかもしれませんし、
とても微妙なところではあります。

また、頭よりも足の骨がしっかり残ったり、
一番大きなご遺骨が頭蓋骨ではない可能性もありますが、
だいたい、頭の大きさで選べば大丈夫だと思います。

なお、火葬業者さんもプロですので、
持って行った容器にきちんと収めてくれると思いますよ。

いろいろお話しましたが、
・1寸は約3センチ(骨壷の直径の大きさ)
・頭蓋骨(頭の大きさ)で判断すること
・最終的には荼毘に伏さないとわからない
ということをおさえていただければ良いのかな、と思います。

絶対、はありませんが、参考になれば幸いです。

ペット仏具のお話 ペット骨壷 骨壷サイズ - 手元供養・ペット供養のディアレスト青山

ペット骨壷とは・・・
ペットちゃんのお骨を納める入れ物のことを指しますが、
「白並骨壷」と言われるこちらが多いのではないかと思います。

kotutubo

蓋に丸みがあり、被せる(上に乗せる)タイプになります。
ディアレスト青山で取扱いのある骨壷はこちらです。

なお、骨壷のサイズは「寸」で表すことが一般的で、
2寸、3寸・・・というように言います。

1寸は約3センチです。
どこを測って寸法を決めているかというと、
「骨壷の直径」です。

骨壷の蓋を外して、
本体の直径を測ります。
ご遺骨が入っているなら口の部分、
空の状態なら底面を測るのが間違いありません。

たとえば、直径が約9センチなら3寸、
約12センチなら4寸、というようになります。

陶器ですので、焼いている間に若干サイズが変わりますので、
測る際に多少の誤差があっても大丈夫です。

ご自宅にお骨壷があって、
ペット骨壷のカバー(骨袋)を変えたいという方は、
お骨壷の大きさに合わせて
お骨袋は決まってまいりますので、
必ず「お骨壷」本体の大きさを測ってくださいね。

さて、次回はよくいただくご質問
「どの大きさの骨壷を用意したら良いか」ということについて、
お話しいたしますね。

ペット仏具のお話 骨袋 - 手元供養・ペット供養のディアレスト青山

皆様はペットちゃんのお骨(ご遺骨、遺灰)をどのようにしていらっしゃいますか。
ご火葬の後、ペット霊園やお寺に埋葬する方もいらっしゃいますが、
最近はお骨を手元に置いて、供養される方が増えているように思います。

そんな風に、お骨を手元に置いて供養される場合には、
納骨堂やご自宅でも、お骨袋もペットちゃんらしくしていただきたいな、と思います。

ペット仏壇・仏具・骨壷・位牌

お骨袋は、覆袋(おおいぶくろ)ということもありますが、
基本的には同じものです。
骨壷だけですと蓋が不安定なことが多いので、
やはりお骨袋にお入れいただくか、
お仏壇などにお納めいただいた方がいいかな、と思います。

お骨袋は簡易的なつくりとなっておりますが、
これは、人の場合に49日で納骨することに理由があります。
49日で納骨すると、お骨袋はお焚上げすることになるので、
紙や木、布などで簡単なつくりになっています。
ペット骨壷用の骨袋も、基本的には人と同じように作りますので、
どうしても簡易的なつくりになってしまいます。
構造上問題はありませんが、
たとえば移動したりするときには、底面を支えると安心です。

また、お骨袋は時間が経つと日光などの影響で色が変わったり、
汚れてきてしまいます。
時々お掃除してあげるのはもちろんですが、
お着替えしてあげるのもおすすめです。
季節に合わせて(冬は暖色にしてみるとか)お着替えしたり、
49日、月命日などの節目に合わせてお着替えするのもいいですね。

仏具とのコーディネートもおすすめです。
お家の雰囲気に合わせて変えてあげたり、
お骨袋はペットちゃんのお洋服のような感覚で、
選んでいただくのが良いのかな、と思います。

お着替えするときには、サイズの確認も大事です。
これはまた別の機会に、お話いたしますね。

ページトップ

Warning: include_once(/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/archive_blog.php on line 204

Warning: include_once(): Failed opening '/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.5/lib/php') in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/archive_blog.php on line 204