ブログ

「祈りの場」ペット仏壇や仏具、祭壇の飾り方 ご自宅でのペット供養 - ペット仏壇・仏具のディアレスト青山・大阪・さいたま

今日もご家族様からお寄せいただいた、
「祈りの場」を紹介いたしますね。

私たちディアレストでは、
ペットちゃんのお骨や仏具を置いたりして、
ペットちゃんを偲び手を合わせる場所を、
「祈りの場」と呼んでいます。

祈りの場の作り方はご家族それぞれですが、
ペット仏具、どんな風に飾ればいいの?
というお悩みにも、参考にしていただけるかなと思います。

今日お寄せいただきました祈りの場は、
お部屋を1部屋、そのまま祈りの場になさっています。
パトラッシュ君もきっとお空から覗いて、
感激なさっていることと思います。
また、私どもにもお気遣いをいただき本当に恐れ入ります。
少しでもお力になれますよう、これからも努力して参りますね。

:::::::::祈りの場:::::::::

inori20151126-1

ディアペット 様
愛犬シーズー犬パトラッシュの供養品では、大変お世話になり有難うございました。

9月8日に旅立った時には、たくさんのお友達からのお花でいっぱいになり、
一部屋使い、写真1、2(一段目左・二段目右)が、祈りの場となりました。
四十九日の前日、注文していたブルーの仏具セットとおりんが届きましたので、
納骨後に、祈りの場を小さくし、写真3(三段目中央)が祈りの場となりました。

火葬場からいただいた位牌が気になっていたので、100ヶ日を前に、
今回、黒檀の位牌と敷物・ろうそく消し・ローズミニブーケを購入しました。
届いた位牌を見て、きちんと彫刻もしていただき、何より立派で安堵致しました。
お陰様で、これから毎日手を合せる時、お空のパトラッシュ君に届くよう、
心おきなく、安心してお祈りができます。

また、御社のHPの「大切な日を調べる」が、とても役に立っています。
家族の一員ですから、これからも心を込めて、供養し続けます。

欲を言ったら限がありませんが、もう少し長生きしてほしかったです。
最後の方は辛そうにしながらも頑張って生き抜いてくれたので、
飼い主としては、感謝の気持ちしかありません。

17歳2ヶ月と20日でお空に旅立ったパトラッシュ君ですが、
今頃は、苦しむこともなく、お空で元気に過ごしていると思います。
パトラッシュ君との思い出は、数え切れないほどです。
お気に入りの写真も添付させていただきますので、宜しくお願い致します。

飼い主に添った御社の行き届いたご対応に、心から感謝申し上げます。
有難うございました。

(2015.11.26 宮城県 K様)

カレンダー

2018年10月
  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

画像ギャラリー

  • 臨時休業 ディアペット
  • 臨時休業 ディアペット
  • 臨時休業 ディアペット
  • ウェルカムペットキャンペーン2
  • 菊の花
  • No Post Thumbnail
  • 動物葬祭概論
  • わた
  • 43ded0734cbe62a143c0d40b0f002914_s
  • a1003ca002efaa96ce6fe1c47a81c5cc_s
  • ディアペット成田2
  • ディアペット奈良2

最新記事

アーカイブ

ページトップ

Warning: include_once(/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/blog.php on line 304

Warning: include_once(): Failed opening '/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.5/lib/php') in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/blog.php on line 304