ブログ

ペット供養 祈りの場 ペット仏壇・仏具 飾り方 - 手元供養・ペット供養のディアレスト青山

今日は、ご家族様からお寄せいただいた、
ペットちゃんの祈りの場(祭壇)をご紹介しますね。

15年間、そばで生活をしてきたはなちゃんの旅立ち、
心よりお悔み申し上げます。
いつも元気で明るいはなちゃんだからこそ、
ご家族様に心配をかけないように、
そっと旅立ったのかもしれませんね。

可愛いピンクのペット仏具で、
女の子らしく飾られたはなちゃんの祭壇。
ご家族様の温かいお気持ちが伝わりますように・・・。

ペット仏具 飾り方 祈りの場

ペット仏具 飾り方

・・・・・・・・・・・・・・・・メッセージ・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年4月14日、愛犬はなが虹の橋に旅立ちました。
15歳と4ヶ月でした。

14年間病気は一切無く15歳の誕生日を迎えました。
が、15歳になった途端元気がなくなり、病院に通っていたものの内臓疾患で亡くなりました。
前2日間は何も飲まず食わずでしたが、亡くなる直前には水を飲んでくれました。
歩くことも出来なかったのに、支えながらですが自分で歩いてくれました。
寝る時荒かった呼吸も穏やかで、少しは良くなったかな?と少し安心し仮眠を取っている間に。
最期に一緒に居てあげられなかった後悔と、少しでも元気な姿を見せてくれたことへの感謝で一杯です。
はなに心配を掛けたくないと思いつつも、まだまだ寂しさや後悔で毎日涙が出ます…

子供の頃から一緒に育って、私の人生の半分以上の15年間、ずっと傍に居てくれたはな。
大人になってからは仕事柄お留守番が多くなってしまって、寂しい思いをさせてしまいました。
とても懐っこくて心優しい元気いっぱいの、誰からも愛されるような本当に可愛い太陽みたいな子でした。

ディアペットさんでは仏具5点セット等を注文させて頂きました。
休み明けすぐに発送して頂き、開けると手書きのメッセージまで入っていました。
見た瞬間、優しい気持ちになりました。ありがとうございます!
女の子なのでピンクの仏具に、供物台にはごはんより大好きだったりんごを乗せて。
いつもねだってたわんこ用のミルクとジャーキーもお供えして、毎日ミルキーのお線香をあげてます。
これからもこの祈りの場で、一緒にいられたら良いなと思っています。

大好きなはな!今までもこれからも、世界で一番愛してるよ!
楽しい思い出と癒しと、幸せな時間をありがとう!
虹の橋でまた会える時まで、元気に過ごしてね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カレンダー

2018年1月
  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

画像ギャラリー

  • 可愛い雪だるま 犬 猫 うさぎ
  • 43ded0734cbe62a143c0d40b0f002914_s
  • a1003ca002efaa96ce6fe1c47a81c5cc_s
  • ディアペット成田2
  • ディアペット 名古屋
  • ディアペット奈良2
  • IMGP7004
  • IMGP3352
  • IMGP7000
  • No Post Thumbnail
  • No Post Thumbnail
  • ディアペット本社

最新記事

アーカイブ

ページトップ

Warning: include_once(/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/blog.php on line 304

Warning: include_once(): Failed opening '/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.5/lib/php') in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/blog.php on line 304