ブログ

ペット供養のお話 彼岸の入りです  - 手元供養・ペット供養のディアレスト青山

今日、9月20日は 彼岸の入り ですね。

青山霊園からほど近いこのお店のまわりには、
お墓参りに行かれる方の姿もちらほら。
やっぱり、お彼岸にはご先祖様にありがとうの気持ちを伝えたいですね。

お空に旅立ったペットちゃんにも、同じように感謝の気持ちを伝えましょう。
私も、23日の彼岸の中日には、ご先祖様と歴代わんこのお墓に、
ごあいさつに行って来ようと思います。
(そのため、お店はお休みです。ごめんなさい。)

もうここ20年近く、毎月1度はお墓参りをしています。
特定の信教はありませんが、
父が亡くなってから、それが習慣になりました。
山の中のお墓なので、
毎月変わりゆく景色や空気を感じるだけでも、
なんだか心が安らぎ、気持ちが良いものです。

普段はなかなかお墓参りにはいけない・・・という方も、
年に1度の秋彼岸、ぜひ行ってみてください。

ペット供養のお話 もうすぐお彼岸です  - 手元供養・ペット供養のディアレスト青山

もうすぐお彼岸ですね。
今年は
20日 彼岸の入り
23日 彼岸の中日
26日 彼岸明け
となります。

昼と夜の時間がちょうど半分ずつになる彼岸の中日(秋分の日)。
この時期は仏様の世界と私たちの世界が、
ちょうど交わって気持ちが通じやすい時期です。

お彼岸はお墓参りに行くことが多いと思いますが、
ペットちゃんのお骨がご自宅にある方もいらっしゃいます。
そのような場合には、いつもより少し豪華に、
好物のお供えをしてあげたりして、
丁重に供養しましょう。

ディアレスト青山でも、お彼岸におすすめの商品を
いくつかご用意いたしました。

higan

お供えにおすすめの「キャンドル」です。
火をつけるのがもったいないくらい愛らしく、
本物そっくりなキャンドルたち。
でも、火を灯して、少しずつ溶けていく様子は、
まるでペットちゃんが食べてくれているみたいです。

フルーツのバスケットや、
落雁に似せたお供え菓子、お供え団子。
生前は召し上がれなかった子にもどうぞ。

・インターネットでもお求めいただけます。
ペット仏壇・仏具のディアペット 彼岸供養

ありがとうございます

いつもお世話になっているペット霊園さまから、
お花をいただきました。

flower

どうぶつの森さまは、静岡県にあるペット霊園で、
当店の商品も取り扱ってくださっています。
スタッフの皆様がフレンドリーで、
とても素晴らしい霊園です。

どうぶつの森さま、本当にありがとうございます。
お店が明るく、愛らしくなりました。

カレンダー

2019年2月
  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728 

画像ギャラリー

  • ディアペット 店長 ペットロス
  • 法要
  • No Post Thumbnail
  • No Post Thumbnail
  • No Post Thumbnail
  • No Post Thumbnail
  • お花ありがとうございます2
  • ディアペット東京本店
  • No Post Thumbnail
  • ウェルカムペットキャンペーン2
  • No Post Thumbnail
  • 動物葬祭概論

最新記事

アーカイブ

ページトップ

Warning: include_once(/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/cat_blog.php on line 234

Warning: include_once(): Failed opening '/export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/sec_rightlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.5/lib/php') in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/3/3/sd0077033/dearpet.memorial/wp-content/themes/aoyama/cat_blog.php on line 234